FC2ブログ

毎日充実しろ、してください

フヒヒ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
月が明るいなぁ

月なんて出てないですけどね。



ふと思った…、このブログはどんな人がどんな目的で読んでいるのだろう…

まぁどんな目的でも良いですよ。
俺の生死を確認するため、ヒヤヒヤしながら毎朝更新チェックしている人もいるかもしれませんよね。ジジイか。
もしかしてもしかすると、すでに閉鎖した、「ゆうコリアYahoo!店」に行きたいがために見た方もいるかも。
リンクです。
ゆうコリア Yahoo!店




昨日、話すのを止めておいた、俺がまだタイヤだった頃の話…。


話しておかないといけない、とオラクルを受けました。やはりそうだったのか。
後世に語り継がねばな…。傷を持つ者としての運命なのだから…。


ホントに申し訳ないですが、めちゃくちゃ長いんで、今日は皆さんも気になっているであろう、
『なぜ俺が、タイヤになってしまったのか。』
を話そうと思います。


あれは、小学3年生の夏休みでした。

学校のプールから帰る途中。ミニカーの野郎が道端にうずくまってました。


|中略


そのミニカーは死んでしまいました。

それからしばらくしたある夜、夢を見ました。

そこにはミニカーがいました。

ミニカー「君は僕の命の恩人さ。何でも一つ願い事を叶えてあげるよ。」

僕は、そのミニカーとは友達になれないだろうなぁって感じのモヤモヤした甘噛みみたいなむず痒い付き合いだったので、イマイチどうリアクション取っていいのか分からずミニカーが連れていた中型犬に夢中になってました。

「わっ、可愛いなぁ」

と言いながらミニカーを置き去りに犬とじゃれ合っていると、ウィンクするミニカーが視界に入りつつ夢からフェードアウトしていきました。






起きたらタイヤでした。




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。